◆学術研究発表(名古屋)
 
『中部支部 第21回学術研究発表会』
 
 令和2年3月18日(水)に予定されていた令和元年度(第21回)の学術研究発表会は,新型コロナウイルスの感染拡大の影響などから開催が中止されました。講演論文集の原稿提出期限は開催中止の決定前となっており,口頭発表:14題,ポスターセッション:17題,技術報告:4題,技術振興賞受賞講演:1題の計36題の投稿を頂き,前年度と比べると10題の増加となっていました。

 講演論文の投稿が済んでいたこともあり,支部運営委員会および学術事業企画委員会で検討の結果,当初より予定していた論文集PDFの公開をWebページで行い,これにより発表予定の内容が周知となることから,本研究発表会での発表は成立したものとして扱うことといたしました。論文集は3月11日から31日まで公開されました。

  投稿された講演論文には,省エネルギー技術,温熱環境,人体心理・生理,睡眠環境,音環境,給排水・衛生設備などの幅広い分野が含まれ,研究発表会では活発な意見交換が期待されました。しかし,今年度は発表者・参加者の皆さまの健康等への配慮により,その機会を設けることができず,大変残念に思っております。次年度の研究発表会でのご発表をお待ちしております。

 最後に,発表会中止のアナウンスや事後対応が遅れましたことをお詫びするとともに,論文投稿を頂いた発表予定者の方々,また中止対応についてご検討いただいた支部関係者の方々に心より御礼申し上げます。

文責:青木哲